11 運命の人との出会いはいつ?結婚は?生まれ持った恋愛運を姓名判断で占う

 

生まれてきた赤ちゃんに名前をつけるとき、語感や由縁以外にも画数を気にする親は多いものです。古来より日本人は名前の持つ力を重視しており、出来る限り不吉な名を避けてきました。姓名判断は無根拠の理論ではなく、昔からの多くの人々の経験則から編み出された運命の診断方法です。一般的に占いの一種と考えられていますが、ある種の経験則や統計学ともみなすことができます。
健康、金運、仕事運、一生涯を通じての運勢はもちろん、病気のなりやすさや寿命までを名前の画数から数値的に割り出すのが姓名判断です。この判断を賢く使えば、恋愛成就の秘訣や結婚に適したタイミング、恋愛成就のポイントなど自分でも自覚できない運命の分かれ目に気付くことができます。また現在の恋人や想い人が本当に運命の人なのかどうか、姓名判断で相性を調べることで見定めることができるのです。
姓名が同じ別人でも同じ運命になるのではないか、という疑問があるかもしれません。しかし生まれ年や性別によっても運命はかわってきますので、一人の運命はたった一つです。名は体を表し、運命を表します。恋愛成就や結婚と言った人生の重要なポイントで運命の出会いやチャンスを見落とさないために、姓名占いを賢く利用しましょう。